不動産売却の際確認したい根抵当権

不動産売却をする際に、物件によっては抵当権だけでなく根抵当権のことも確認しておかなければならない場合があります。

金融機関から融資を受けるために不動産に抵当権を設定する場合、住宅ローンのように借り入れが1度で終わるものであれば、通常通りに抵当権が設定され、借入金の返済が終われば抵当権が消滅し、抹消登記を行うことで登記簿上でも抵当権が消滅します。しかし、事業実施のために継続的に借り入れが必要である場合、抵当権の設定登記と、債務弁済後の抹消登記を繰り返すと、手間もかかり、時間もかかり、登記費用の負担もかなりのものになります。そこで、継続的に融資を受けたい人に対しては、極度額を決めて抵当権を設定し、この金額に達しない範囲であれば、再度抵当権を設定しなくても借り入れができるように取り計らいます。この仕組みが根抵当権と呼ばれるものです。

不動産売却をする際に対象不動産に根抵当権が設定されている場合は、通常の抵当権の場合と同じように抹消手続きを行う必要がありますが、根抵当権はその性質上、借入金をすべて返済したからといって消滅するものではありません。そのため、抹消をするためには先に期日を決めて元本を確定させなければなりません。この手続きが済めば、あとは通常の抵当権と同様に扱うことができるので、借入金の返済が済んでいれば、そのまま抹消登記手続きに入ることができ、返済が済んでいない借入金が残っていれば、売買代金の一部を返済にあてて、抹消登記を行うことになります。
http://xn--u9j576hryd46ci0r9lk.net/